物を片付ける「正しい順番」と「ルール」

ミニマリスト

前回のブログ 「人生がときめく片付けの魔法」で本当に人生変わった! で、

「「人生がときめく片付けの魔法」を読んで、片づけをして人生が変わったよ!」という話と、片付けをする際の決まりごとについて紹介しましたが、今回は、具体的に何から片付けていくか?ということと、片付けた後の収め方について説明してみたいと思います。

物を片付ける「正しい順番」と「ルール」

「ときめくかどうかという基準で残す物を決める」というのが「こんまりメソッド」ですが、
それが一番実行しやすいのは、です。

ということで、服から片付けていきますが、
大事なのは、「場所別 ではなく、 モノ別 で片づけを行う」ということです。

私たちが片づけを行う際は、
「まず、この部屋を片づけて、つぎにクローゼットで、、、」みたいな感じだと思いますが、
そうではなく、「服なら服を一気に片付ける」「本なら本を一気に片付ける」というように、
「モノ別」で進めていくことが大切
です。

片づけできないのは、「物が多すぎるからで、
物が多くなってしまうのは、「自分が持っている物の量を正しく把握できていないから」です。

どこに何があるのか?ということを把握せずに、片付けをしても、
片づけ終えたつもりが、他のところからまた、服が出てきた…みたいな感じになって、片づけが終わりません…。

なので、服を片付けようとなったら、まず、自分の所有している服を「全て一か所」に集め、何を持っているかをはっきりさせることが、とても重要です。

「ときめくかどうか」を一つ一つ手に取って、触ってみて、判断していく。
そうすれば、自分にとって必要な服だけが残ると思います。

・・・外で来ていた服を部屋着に…みたいにする人もいますが、
お気に入りじゃない服は、家の中でも着ることはないので、捨てましょうね。

「たたむ」「立てる」

服をたたむのがめんどくさい…ということで、掛ける収納頼りになっている人も多いかとは思いますが、「たたむ」という行為と影響力は、すごいですよ!!

まず、掛ける収納よりも圧倒的に収納スペースが確保できますし、
一着一着の洋服をしっかりたたむことで、圧倒的に洋服を大切にしようという気持ちになります。

☝ の中では、

洋服をたたむことは、自分を支えてくれる洋服をいたわり、愛情を示す行為です。

近藤麻理恵:マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

と書いてありますが、私自身、ほんとにその通りだなと思います。
一着一着を大切にするから、必要ない服を買うこともなくなって、私の場合は、節約にもなりました。

なので、たためる洋服はたたんでみましょう。
そして、「立てて」収納していきましょう。

掛ける服の場合は、「高さを揃えてみる」といいです。

こんまりさんは、「右肩上がりの法則」ということで、
左側から「丈が長く、厚手のもの」右になるにつれて「丈を短く、薄手のもの」になるように収納していくといい、とお話しされています。

ちゃんと片付けて、上手に収納するようになると、衣替えも不要になりますよ笑

まとめ

・物を片付けるときは、「場所別 ではなく、 モノ別 で片づけを行う」
・自分の所有している物を「全て一か所」に集め、何を持っているかをはっきりさせる
・洋服は「たたむ」「立てる」

まずは、服を片付けることから始めていきましょう。

…長くなるので、また次回に、続きます。

タイトルとURLをコピーしました