「考える」と「悩む」の違いを理解しよう。

スローライフ

「ずっと考えてるんだけど、答えが分からない…」とか
「悩みを抱えていてつらい…」みたいな感じで、
「考える」と「悩む」という行為は、日常生活でよくしますよね。

でも、そもそもの話として、「考える」と「悩む」の違いをちゃんと理解できているでしょうか?

今回は、私たちが間違えがちな「考える」と「悩む」の違いについて説明していこうと思います。

「考える」とは?

考える あれやこれやと思いをめぐらす。その事について、心を知的に使って判断する。

出典:デジタル大辞泉

「考える」とは、達成したい目標があって、そこに到達するために、どうやって課題を解決するか?を探したり、アイデアを出したりすることです。

課題に対して、「どうするか?」を模索する作業が考えるということなんですね。

「どうするか?」を模索する作業ではなかったら、それは「考える」ではないです。

「悩む」とは?

悩む 決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。 対応や処理がむずかしくて苦しむ。困る。

出典:デジタル大辞泉

「悩む」は、達成したい目標が定まってなくて、どうしようかともやもやしている状態のことです。

「私、どうしたらいいのだろう?」と、ただ行ったり来たりしているのが悩むという行為です。

何も生み出さない無駄な時間ですが、私たちの中には、「悩む」ことが好きな人たちもいますね。
自分の悩みに共感してほしいと思って、誰かに話す人も多いことでしょう。

考えたつもりになっていたけど、悩んでいただけだった…となってしまうのは時間の無駄なので、そうならないようにすることが大事です。

まとめ

人間、理屈だけでは動けないので、無駄に考えたり、無駄に悩んだりするかもですが、まあそれも良いかと思います。

ただ、「考える」と「悩む」の違いを理解して、「考える」と「悩む」を分けられるようにするということは大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました