そもそも「投資信託」とは何なのか?

貯蓄 & お金

よく、お金の話をしていると「投資信託」って言葉を聞くことありますよね。

でも、よくわからないと言う人は多いと思います。

今回は、「投資信託」とは何か?ということについて説明しようと思います。

「投資信託」とは?

投資信託と聞くと、難しく感じるかもしれませんが、

「「投資」を「信託(しんたく)」する。」と書いて、「投資信託」

信託(しんたく)とは「信じて託す」。
「信頼できる人にお願いする」という意味です。

つまり、投資信託とは「自分で投資するのではなく、お金の専門家にお願いする」ということ。

お客さんから預かったお金をまとめて、色々な株式や債券に、お金の専門家が投資し、運用している金融商品それが「投資信託です。

「預かったお金を何に投資するか?」という選択と決断を、私たちの代わりに、お金の専門家がやってくれます。

様々な金融商品に分散投資ができる、少額の資金から運用を始められるということで、人気ですね。

販売する会社によって異なりますが、多くの場合は、1万円もあれば始めることができます。

「投資信託」は、「販売する会社」「運用する会社」「資産の保管する会社」の3つの組織によって成り立っています。それぞれ、説明していきます。

販売する会社(販売会社)

証券会社、銀行、郵便局などが、販売を行っています
投資家の口座管理し、投資信託の販売、換金、分配金等の支払いなどを行っています。
投資家と投資信託をつなぐ「窓口」です。

運用する会社(投資信託運用会社)

「投資信託」を作り、集めた資金(信託財産)で運用しています。
経済・金融などのデータを集めて、分析し、信託財産をどの資産にどのように投資するのかを考え、信託銀行に対して、運用の指示を出しています。
投資信託運用会社は、投資信託において、最も重要です。

資産の保管する会社(信託銀行)

集めた資産の保管と管理を行っています。
信託銀行は、投資信託運用会社からの指示に従って、株式や債券などの売買や管理を行います。

投資信託で、注意すべきこと。

一般的な株式投資(私たちが直接、株式を買う)は、株主が直接、株主優待や配当金を受け取ることができます。

しかし、投資信託の場合は、株主は、受託者(信託銀行)なので、直接、株主優待や配当金を受け取ることはできません

ただ、その代わりに、「分配金」という、「投資信託が株式や債券に対して投資し、運用して得た収益を、保有口数に応じて投資家に分配する仕組み」により、投資信託の収益から投資家へ還元するお金が、決算時に支払われるようになっています。

もちろん、通常の株式投資と同様に、買ったときの値段より、売ったときの値段が高ければ、利益をあげることができます。

まとめ

投資信託は、始めるのが簡単で、難しくもないですが、
始めたら、10年、20年と継続することがとても大切になってきます。

自分の性格や、投資する期間等を考慮しながら、自分に合った金融商品を選ぶのがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました