選択肢が増えると不幸になります。選択のパラドックス。

ミニマリスト

何か選ぶときには「選択肢は多ければ多いほど良い」と思ってる人って多いんですが、これが間違っているということを知ってましたか?

今回は、選択肢が増えると不幸になるという「選択のパラドックス」についてお話ししていきます。

「選択のパラドックス」とは?

選択のパラドックスとは、「選択肢が多すぎると、どれがいいか迷って選べなくなってしまい、何を選んでも、満足しないので、不幸を感じやすくなる」という現象のことをいいます。

選択肢が多すぎることによって発生するデメリットを3つ紹介しますね。

無力感が生まれる

人は、多くの選択肢が多くあり過ぎる、選べなくなってしまい、無力感を覚えます。

コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授が、スーパーマーケットの「豊富な選択肢にすれば、売り上げをあがる」という考え方についての実証実験を行い、その結果から導き出された「ジャムの法則」が有名ですね。

ジャムを「24種類売り場に並べたとき」と、「6種類売り場に並べたとき」で売り上げを比較したら、

なんと、「24種類売り場に並べたとき」の売り上げは、「6種類売り場に並べたとき」の売り上げの10分の1しかなかったのです。

つまり、選択肢が多いと、選ぶのが大変になってしまい、決断疲れを起こすということです。

満足感が下がる

選べない…という無力感に打ち勝って、決断を下したとしても、選択肢が多いと選択肢が少ない場合と比べて自分が選んだ選択肢への満足度が下がってしまいます。

「選んだ方でいいのかな…」「別のものの方が良かったんじゃないかな…」って疑心暗鬼してしまって、自分の決断に納得できなくて、満足感が下がります。

期待値が上がりすぎる

選択肢が増えるとは、自分が選ぶ際に比較するものが多くなるということと同じです。

そのため、その中に完璧な選択があるはずだと追い求めてしまい、期待値が上がりすぎるので、十分に良い決断をしたとしても、満足感が下がります。

選択のパラドックスから抜け出す方法

答えは簡単。

「選択肢を3択に絞る」ですね。

「もう少し多くても大丈夫じゃない?」って思われるかもですが、4択以上にすると迷いが生じるという研究結果があるので、3択です。

まとめ

選択肢が増えると、無力感が生まれたり、満足感が下がったり、期待値が上がったりして、ただただ不幸になるので、選択肢を絞ることで、迷うことがないようにするといいですね。

タイトルとURLをコピーしました